自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは、遺言者が全て自筆にて遺言の内容を記したものです。この時にパソコンやタイプライターを使用したものは無効となります。この遺言が効力を発するためには、遺言の発見者が家庭裁判所に出向き、相続人全員の検認をしなければ遺言として認定されません。また、発見者によって隠匿されたり、改ざんされる恐れもあるため。遺言としてのデメリットが多いものと言えます。ですから、遺言を残そうとする方は、行政書士のような確かな方に相談をすることをお勧めします。せっかくの遺言がムダにならないよう、遺言について調べることが大事です。遺言行政書士のサイトでは遺言についての知識が後悔されていますから、ぜひ参考になさってみて下さい。


ドイツってビールは有名だけど、ワインも有名ですか?

医療 税理士

トイレをウォシュレット一体型の便器に変更しました☆

鹿児島 賃貸物件